急激に胃が痛くなった時

急激に胃が痛くなった時

胃が急激に痛みを感じた場合どの薬を選んだら良いのでしょうか。お腹が痛いといっても腸の病気もあれば、胃の不快感もあります。とりあえず病院に直ぐ行くことができないなら、痛みを和らげる薬で抑えておくこともできます。

 

・ 鎮痙薬
鎮痙薬とは胃の痛みを抑えるための薬です。胃の緊張を抑える効果が期待でき、ストレス性の胃炎などに利用されています。副交感神経の働きを抑え、過度な緊張や収縮を抑えて痛みを楽にしてくれます。

 

・ 激しい意味は十二指腸潰瘍も
発熱、嘔吐、激しい痛みを伴うなら十二指腸潰瘍や胃潰瘍なども疑う必要があります。脂汗が出るような痛みがあるなら、胃に穴が開いている可能性があります。初期の炎症ならH2ブロッカーで胃酸を抑え修復させる方法もありますから、あまりにも痛みが長期的に続くようなら医師の診察をおすすめします。胃薬で押さえようと思っても、修復が追いつかなければ胃に穴が開くこともあります。

 

・ 繰り返す傷みは病院へ
市販の胃薬はあくまでも一時的な痛み、急性的な痛みを改善するのに役立つ薬です。長期服用は勧められていません。痛みがある時に胃薬を飲んで改善できれば良いのですが、何度も繰り返すようなら病院に受診したほうが良いでしょう。今は鼻から入れる内視鏡検査もあるため、苦痛が少なく病気を調べることができます。